一般財団法人 小笠原財団

ご挨拶

小笠原財団は、豊前国小倉藩主小笠原家総領家第32代小笠原忠統氏の遺志によって、日本伝統文化の普及・振興・発展及び人材の育成を図るとともに、地域社会の健全な発展と振興を促進することを目的に2015年7月1日に設立されました。
 私たちは、これからの日本人にとって、生まれ育った地域の文化を理解し、郷土を愛する気持ちを醸成していくことが大切だと考えます。そのためには、人々が積極的に日本の伝統や文化を知り、それを活用できるような社会を作り上げていくことが必要であると考え、礼儀の“心”と作法の“形”があいまって完成を目指す小笠原家に伝わる糾法(弓術・弓馬術・礼法)を通して、相手への暖かい心遣い、思いやりの心を自然な形で表せる人格の形成を支援しながら、日本の未来を担う子供たちのために当財団の活動を通じて社会に貢献していきます。
 また、多様な文化を育む九州の地から優れた日本の伝統文化を海外へ紹介し、国際交流の推進と文化を継承する事業活動を展開していきます。
なお、今後より一層の社会貢献が可能になるよう、公益財団法人への移行に向けた準備も開始しております。皆様の更なるご支援、ご協力を賜りますよう心からお願い申し上げます。

 

一般財団法人 小笠原財団
理事長 長島弘樹

財団概要

名称 一般財団法人 小笠原財団(Ogasawara Foundation)
設立年月日 2015年7月1日
基本財産 2億円
所在地

東京都港区虎ノ門1丁目5番8号


福岡県北九州市小倉北区足立3丁目23番(準備中)

設立目的 当法人は、日本伝統文化の普及・振興・発展及び人材の育成を図るとともに、日本伝統文化を通じて、地域社会の健全な発展と振興を促進し、人類の平和と繁栄に寄与することを目的としています。
主な事業 (1)日本伝統文化による地域振興支援及び国際交流
(2)日本伝統文化を通じた人材教育及び人材育成
(3)日本伝統文化に関する調査及び研究及び教育機関・研究機関等に対する支援
(4)日本伝統文化に関する功績者・功労者の表彰
(5)日本伝統文化全般にわたる研修会等の開催及び出版物の刊行
(6)その他この法人の目的を達成するために必要な事業